voice 8 使える和室へのリフォーム

【松陵の家:リフォームの経緯】
①2009年 11月 シャルドネキッチン交換、トリミングルーム、LDK内装塗り壁
②2011年 11月 廊下・玄関ホール、2Fホール内装塗り壁
③2012年 4月  西側ウッドデッキ、門扉、石貼り、立上りしっくい塗り
         表札、シャルドネ洗面
④2014年 5月  カーポート交換、北側屋根雪留めの工事
⑤2015年 11月 UB交換、1Fトイレリフォーム、薪ストーブレンガ
⑥2016年 2月  リビング前ウッドデッキ、カーポートステー、ストーブガード
⑦2017年 4月  和室リフォーム

 

 

Q:
2009年からリフォーム工事を進められました。その背景には家族のライフスタイルの変化があったと思いますがその際の感想などを伺えればと思います。

 

A:(Hさん)

一番最初にリフォームをお願いしたのがキッチンでした。キッチンをリフォームしたことで、食事をした後にもキッチンで家族揃って会話する時間が増えました。

 

また、キッチンの居心地も良くなりました。昔は対面キッチンで、作る人と食べる人の距離があるように感じていましたが、一つのスペースで色々できる事が増えたので、一体感が生まれたように感じてます。

 

 

以前は使い勝手に課題を感じてましたが、リフォーム後はとても使いやすくなり、家族団欒のスペースになった。

 

子供の年齢的にも一緒にキッチンに立つ機会が増えるタイミングでもありました。小さい子供が大きくなり、様子を見ながら料理を作ったりする必要もなくなりましたし、同じスペースで料理できる年齢でしたので、いい機会と思いリフォームする事にしました。

 

 

Q:
キッチンと同時進行で施工したトリミングルームはいかがでしょうか

 

A:
思っていた以上にリーズナブルに出来ました。元々あったウッドデッキを補強、改良して作って頂きました。当初私たちがイメージしていた以上に出来もよく、相談してよかったです。素人では分からない事を分かりやすく提案してくれるので、信頼が生まれました。

 

トリミングルームは大きすぎると、犬が落ち着かなかったりもするんです。このサイズ感だと犬自体にストレスが少ない状態で施術できる。ガラス張りのサロンだと、外から知らない人に見られているだけで、落ち着かなくなってしまう子もいます。他では難しくてもここに来ると大人しく受けてくれる犬も多くいます。

 

 

Q:
工事を重ねていくうちにウッドデッキの追加や、逆に当初あったウッドデッキを小さくしたりなど、外構への変化がありましたが、その辺りお伺いできますか?

 

A:
昔は週末は毎週のようにBBQをウッドデッキでやっていましたが、今ではそこまで回数をやらなくなりました。植栽のスペースを増やしたいのもあって、ウッドデッキのサイズを小さくしました。

 

当時のウッドデッキは、その部分がとても湿気が多かったりもしたので、雰囲気も変えたいこともあり、お願いしました。

 

 

Q:
ウッドデッキを当初より小さくしたことで、困ったことなどはありませんでしたか。

 

A:
以前はテーブルや椅子を出しっぱなしでしたが、今はスペースのこともあり、移動したり片づけたりしないといけないので、使い方の改善はあるかなと思います。

 

最近は椅子ではなくデッキの端に座ってお茶をするのが日課になりました。庭でBBQが出来る環境をつくることを目標にしています。

 

 

Q:
今回のリフォームで7回目になりましたが、リフォーム工事ご依頼いただいている理由として、ポイントになる点は何でしょうか。

 

A:
当時はここの土地に家が建てられただけで嬉しかったです。土地を抽選で手に入れて、自由設計が可能だったのですが、引き渡しまでの期間なども決まっていて、家の中身もあわただしく決める事になってしまいました。

 

だからこそ、今になってここをこうしたいなどの考えが出てきているのかもしれません。住文舎に何回もリフォーム工事をお願いしている理由ですね。

 

家を建てる段階で住文舎にお願いできる状態だったら、よかったのになーと思うときもあります。ホームドクターとして色んな考えを提示してくれるので安心してお願いできます。

 

 

Q:
和室リフォームから1カ月経過しましたが、実際の使い心地などはいかがでしょうか?

 

A:
畳部分が8畳から6畳に減ったのに部屋が広くなった感じがします。部屋が明るくなり、ジメッとした感もなくなり、涼しくなりました。

 

窓などは変更していないのに違う部屋のように感じます。泊まる人用の部屋目的でのリフォームでしたが、毎朝廊下との引戸を開けて空気を吸いたくなる部屋になりました。また、お昼寝で使う部屋にもなっています。

 

 

Q:
家を全体的に見られてのポイントがあれば教えてください。

 

A:
やはり塗り壁ですね。全体的に落ち着く雰囲気があり、気に入っています。

 

今回の和室リフォームですと床の間。過去のリフォームですとキッチンの天井部分のアーチを作って頂き、印象もガラっと変わりました。今ではこのアーチが当たり前になりましたが、以前のキッチンの下がり壁が直線だったことは忘れてしまっていました。

 

 

Q:
最後になりますが、打ち合わせ中の感想をお聞かせ下さい。

 

A:
私たちの話をよく聞いてくれて、それを踏まえて提案して頂きました。どういうことが出来て、どういうことが出来ないのかをしっかり教えてくれる。和室の照明やトイレの洗面ボールなど小物一つ一つに対しても気にして頂き、また、やる、やらない、に関わらず提案して頂きました。

 

 

まさにホームドクターで、自分たちに分からない事を教えて頂けたことが楽しかったです。おかげでここで暮らすのも、以前より楽しくなりました。

 

リフォームしながら家を作っているという感覚もありますね。それを支えてもらっている感覚でもあります。震災の後に連絡なしでも様子を見に来てくれた事も嬉しかったです。

 

 

ありがとうございました。
2017/07/22 仙台市泉区松陵の家にて

MENU