ヴィーヴリ(ヴィボルグ)の図書館 アルヴァアルト

フィンランドの東には広大なロシアが広がっています。フィンランドの首都ヘルシンキと、ロシアの歴史都市、
サンクトペテルブルグとの間は、距離にして約300km(東京⇔仙台よりも近い)

 

この間、国際特急が一日4往復走っており、両都市を3時間半で結んでいます。

 

国境から38kmロシアに入ったところ、サンクトペテルブルグから約130kmのところに、ヴィヴォルグという町があります。ここに、ある歴史的な図書館があります。

 

この街は、世界大戦の前は、フィンランド領だった場所。いまから80年以上前に、当時ヘルシンキに次ぐ、フィンランドの第二の都市として、ヴィーヴリという都市でした。

 

その際造られたのが、この図書館。フィンランドの建築家 アルヴァアアルトによる比較的初期の頃の建物です。戦後、国境線が変わり、ヴィーヴリは、ヴィヴォルグという名前に変わりました。

 

そして図書館は老朽化により未修繕のまま朽ちていくのですが、フィンランドとロシアの協力で、大規模な修繕が行われて、今から2年前に奇跡的に復活した、市民図書館なのです。

 

この丸椅子もアアルトの設計によるもので、現在でもアルテック社から作られている、スツール60という椅子なのですが、実はこの図書館のために当時デザインされた椅子なのです。

 

ヴィヴォルグの駅

ロシアの駅は、入場に金属探知機もあり、駅員や警察官も相まって物々しい雰囲気があります。そして外国人は何度となくパスポートチェックを受けます。

 

駅から歩くこと10分、写真で見覚えのある、目的の図書館が見えてきます。

 

街の中心部に大きな公園があり、その一角にありました。

 

最初の写真は、波打つ天井が有名な講堂なのですが、その部屋を外から見た部分です。まるでカーテンと相まって、外観からも実に美しく見えます。天井が波打っている理由は、講堂が細長いため、話し声が後ろの席まで届くための工夫によるものです。理にかなったデザインです。

 

児童コーナーの様子。書籍のある本棚の高さは約1.5m、その上にある南面の大きな連窓。不思議と明るさがあるにも関われず、外を行きかう人が目に入りません。

 

照明も当時のものが復刻されました。シェードは紙でできています。

 

これがオリジナルの頃の写真。現在の姿と比較すると、右側の手洗いがベンチに変わっているのが分かるかと思います。これは当時は地下水とつながっていたそうで、充分おいしい水が出ていたとのこと。

 

その後戦争により、飲めなくなったことで、使われなくなってしまったそうです(スタッフ談)。使用した期間がオープン後わずか3年。

 

児童コーナーの一角には、先ほどのスツール60のキッズバージョンが。シンプルながら、実にやさしいデザインです。

 

児童コーナーへのエントランス。ヘルシンキ市内に同時期に設計したアアルト自邸があるのですが、そこでも見られる外壁につけられたポール。ツル性の植物がからみ、立体的な植栽を演出する工夫です。

 

正面に回り、メインエントランスを入ったところにある大きなクローク。この土地ながらのスペースです。外部は寒くても、内部はあったか。重いコートを預け、ゆっくりと読書を楽しむことが出来ます。

 

写真でもわかるように、照明は必要な箇所、最低限にしかありません。訪れた日が曇天だったにも関わらず、中に入ると「暗い」というのが第一印象でした。このクロークや、奥の中央案内?が、かえって目立ちます。

 

左側の階段を上がったホールは天井高が低く、2.1mくらいしかありません。

 

そして、低いホールを抜けると、天井には57個のスカイライトのあるメイン図書室へ。この暗さに相まって、均等に広がる空からの明かりは、書籍を読むのに十分な明かりだと気づかされます。

 

現在より暗くなる、夕刻や雨天時、使うであろう照明が天井にあります。これが点くとどのように見えるのか。

 

こちらが同日夕刻(といっても4時30分)の写真です。当時の写真にも天井に照明がありましたので、復刻も同じような照度だと思いますが、壁面を照らす間接照明ではあるものの、やはり日中の内部の方が光が良かった、というのが本音です。

 

図書館にいる間、たくさんの見学者と、図書館を利用する多くの市民が来館していました。80年以上前に建築家によって設計された図書館。この図書館が近寄れない骨董品ではなく、普通に使われていることに感銘を覚えます。そしてもちろん入場無料です。

 

(おまけ)
ヴィヴォルグからサンクトペテルグルグまで各駅停車で2時間の旅。道中停車した小さな無人駅。駅名はなんと「117km」

 

想像するに、サンクトペテルブルグから117kmのところにある駅、ということだと思いますが、周りに人家は見当たらず。ロシアは広大ゆえに、地名すらない場所があるのか、と考えてしまいました。

MENU