使える空間を工夫した家

ここは東京都・東村山。近くにはトトロの森もあります。東京の土地ですので、限られたスペースにどのような間取りを配置するか、使える空間を最大限活用するために、Kさんとの打ち合わせから検討していきました。

 

二階洋室の様子。左側にはしごがありロフトにつながっています。南と東、2方向に道路があるため、明るい印象があります。

 

階段を上がったホール。トイレの廊下を少しでも明るく感じられるように、手すりは格子にしています。階段上がって小さな書斎コーナーがあります。

 

一階トイレの様子、ひろびろとしたトイレ。腰壁をまわし、手前左には造作手洗いがあります。

 

1階リビング・ダイニングの様子。パイン材板張りの天井があります。また床暖房があり足元から暖かな空間です。

リビングには大きな掃き出し窓があり、南の日差しが十分入ってきます。

 

ダイニングから南を望む。ブラウンのシェードカーテンを配置、照明にはルイスポールセンの代表作・PH5ランプ

 

玄関入ってホールを望む。リビングと二階への階段とつながっています。北側からの光を取り入れる窓配置にしています。正面壁の裏が書斎コーナーになっています。

 

(2004年10月完成)