[koagariのある家] 幸せの黄色い外断熱

koagariのある家、仙台も梅雨に入りましたが、雨の天気を避けるように、進めるところから外断熱作業を行っています。

 

住文舎の家の特徴の一つでもある、内と外とのダブル断熱構造。こちらはその中でも外側に貼る断熱材です。この断熱材はもともと、高速道路などの防音壁の中に入れられるために開発された「吸音用」が目的でした。そのために薄くても効果が出るように、密度の高い製品となっています。

これを住宅用に利用するため、使い勝手のよいサイズで製品化されています。

 

もう一つ特徴なのが、グラスウールが撥水加工されていること。元来グラスウールは水に弱い製品ですが、これはガラス繊維自体に撥水加工を行うことで、施工中の少々の雨でも、水分を吸い込むことが少なくなっています。

 

最終的には、この上には透湿防水シートが貼られるのですが、特にこの季節での外断熱作業では、大変助かるアイテムです。

 

 

家全体が一瞬、「幸せを呼ぶ黄色い家」 になります。

 

20190611