[ロフトのある大河原BASE] 外壁下地の作業

ロフトのある大河原base 構造の組み上げが終わり、外壁作業を行っています。防水シートを張り、EPSボードという断熱材と塗り壁の下地兼用のボードをとめています。

 

 

専用のワッシャーをステンレスビスにより、ボードを固定。さわやか過ぎる、白い家になりました。この先、塗り壁下地材でグレーになり、本塗り壁の色で仕上がります。まるで脱皮していくように目まぐるしく色が変わる工程です。

 

 

建て方の際に使用した、入口アーチの治具は、前もって予備のEPSボードに型をとり、住文舎にて帯をつくりました。

 

 

この帯を留めるとこのようになります。凹凸により入口がより立体的になり、塗り壁らしい仕上がりになります。

 

 

ロフト部分を少し上から覗いたところ。構造材むき出しの空間は、これからKさんスタイルに変化していく前触れのようです。