白い木製フェンスづくり

この夏は、サイクルポートと同じ時期、木製エクステリアづくりに励みました。

2015年にお引き渡ししたSさん邸にて、リビングから見える位置に、目隠し兼ディスプレイウォールとしての木製フェンスをご依頼頂きました。この白は玄関の柱で使用している色。家全体で統一するためにも、同じ色で仕上げました。

 

柱の頭は少し三角帽子に。8本の柱の位置と、高さをチェックしているところです。地面が少し勾配があることから、柱のトップでレベルがあうように、一本々々長さを変えました。こちらも樹種はレッドシダー材。オスモのホワイトを事前に事務所で下塗りしました。

 

そして完成の様子。目隠し板を貼り、最後に正面のみ残していた2回目の仕上げ塗装をしています。建物の隙間から抜ける風もあり、方杖を設けました。目隠しは14センチ幅のものを均等に貼る予定でしたが、少し単調になることから、ひとノコ加え、14㎝と2つ割りした8㎝、6㎝の板で仕上げました。

 

新たに、立体的な《庭》の完成です。

 

2018年8月23日 (rail)