和と洋が融合したスカンジナビアンレッドの家

Aさんとの出会いは2012年春、Aさんはそれ以前より家づくりを検討しておられました。転勤を重ねられることで、様々なスタイルの住まいを経験されたことで、注文住宅への希望が湧いてこられたと伺いました。仙台市青葉区中山の家

 

外観は住文舎事務所と同じスカンジナビアンレッド、青空と雪景色に映える家です。震災後の仙台は、土地も高騰傾向にあり、その中でもご希望の場所に巡り合いました。いざプラン作りが始まると、一階と二階との間にロフトが希望、二階はリビングダイニングを、などご希望のビジョンが明確にお持ちでした。

 

土地の東西南北が若干振られていることと、東から北側に向けて広範囲にわたる眺望を活かせるような家づくりを目指しました。

 

二階リビングダイニングキッチンの様子。奥行の感じられる空間

 

二階の窓には障子を組み込み、カーテンのない生活を実現。障子は洋風の部屋にもマッチします。

 

 

キッチンの様子、立ち上がりはオレンジ色を基調としたモザイクタイル。食品庫は回遊できるプランになっており、片方の入口は丸アーチがあります。

 

一番目に入る壁には、ホワイトボード用の薄いニッチ壁

 

 

トイレ前の空間は、最後まで手洗いにするか、ライティングデスクにするか迷われた場所。最終的には青い信楽焼ボウルのある手洗いに決定しました。トイレは青い塗り壁の空間。サンプルよりももう少し淡い色で仕上がりました。塗り壁らしい壁の完成。オレンジ色の木部と良く合いました。

 

二階の床より約1m上がったところにある洋室。この下には中二階がある。屋根が感じられる一部勾配天井の空間です。構造上必要な火打ち(角の三角のもの)は棚として造作しました。この部屋はモスグリーンの塗り壁で仕上げました。

 

 

一階と二階の途中にある中二階ロフト。階段からの踊り場からと、二階からの二方向の入り口があります。Aさんがこだわられた、二階から物が入れられる入口、こちらには引き戸があります。この上がモスグリーンの洋室、下が玄関ホールとなっています。

 

 

二階ベランダにあるブランコ。天井には丈夫な下地を入れてあり、大人が本気で乗っても大丈夫。一階も同じ位置にベランダがあります。サニタリーに面しているのでこちらは主に洗濯物干し場となります。

 

 

玄関の様子、軽い引き戸となっています。二階から開けられるように電子錠付き。入口脇には木製フェンスとbobiのステンレスポスト。玄関照明は人大を加工し、正面に張り付けた照明。夜間、数字が浮き出るしくみとなっています。

 

一階洋室の様子、あえてクローゼットは設けず、棚とパイプハンガーのみ

 

一階サニタリーの様子、塗り壁で一体となったオーダーの洗面台

 

二階へとつながる階段、上がりやすいように一・二段目はひな壇に。玄関ホールの上に中二階ロフトがあります。

 

(2016年7月完成)

 

 

 

 

 

 

MENU