[家づくりblog]仙台の街が見える家 基礎の位置出し

基礎工事における最初の作業、そしてとても大事な作業をやっている様子です。今日(3月12日)から希工業さんによる基礎工事がスタート。横の板が基礎の高さを出す「ちょうはり」というものです。そこに、基礎の正確な位置だしを行っている様子です。

手元で握っている赤いものは、カネピタ、というもので、基礎の直角を出すスケールです。

 

さらに、長さなどを再度チェックしている様子。ピンク色の糸が張ってある場所が、基礎の中心になるラインです。

 

二方向の対角寸法もチェックし、誤差を無くしていきます。大工さんの木工事でも、この対角はチェックしますが、まずはこの細い糸を基準に、これから始まる基礎の位置や高さが決められます。

 

2018年3月16日