緑色の外観と白い窓のある家

家の色合い、勾配天井のあるキッチン、小上がりのあるタタミスペース、など雑誌より切り抜きをお持ちになり、かなり具体的なイメージをお持ちであったOさんご夫婦。特に外観にはこだわりがあり、「軒のない箱を屋根の部分のみ斜めに切ったようなデザイン」と表現されていました。宮城郡七ヶ浜の家

 

お二人共七ヶ浜出身ということで、地元へのこだわりもありました。お二人の趣味であるサーフボードの収納や、外にシャワーがあり、シャワー後、外部から見えないところから直接室内に入れるか、など、まさに注文住宅ならではのご希望を伺いました。設計は有意義な時間でした。

 

具体的なイメージがついているところと、まだイメージのつかない部屋など、どのようにつなげるか。また家の前の大通りは交通量が多いため、ゆっくりお休みいただけるには、どの位置に主寝室がよいか、などアドバイスしながらプランをつくりました。

 

家づくりの経過が分かるblogはこちらから

 

緑のシャープな外観と炭黒色の玄関ドア。マーキュリーのポストも黒で統一

 

リビングダイニングから小上がりのタタミルームを望む。

 

小上がりタタミルームにあるパソコンスペース。掃除のためにカウンターは跳ね上げ式

 

ソファーを置く場所には読書灯として、ルイスポールセン社のAJランプ

 

ソファーの正面にはテレビボード、その上は視界に照明が影響しないように天井埋め込みの照明

 

二階階段の途中にはリビングダイニングとつづく小窓があり、暖房熱の通り道に

 

ダイニングの照明は、木製化粧梁にライティングレールを埋め込み、ルイスポールセン社のパークフースのペンダントを設置。シェードで眩しい発光部を隠しただけのシンプルなデザインだけに、どのシーンでもマッチします。

 

内装の木部はシルバーポプラ色に統一。グレーとブラウンの中間色で、モダンな雰囲気を創出しています。

 

一階と二階ホールまで、白の健康塗り壁。二階の各部屋は薄青の塗り壁を採用。光の具合によっては緑に見える不思議な色です。

 

ステンレスのキッチンとフード、エコシラ合板の扉材。大きな窓からは南側のウッドデッキが見える。

 

ウッドデッキから見たキッチンとリビングダイニングとの関係。ダイニングに面する窓は折れ戸により全開口出来る。

 

人造大理石の天板、左下に収納のあるシンプルな洗面台

 

グレイストーン風の30㎝角タイル

 

二階窓から仙台方面を望む夕景。七ヶ浜らしい空の風景が広がっています。

 

(2012年10月完成)