[koagariのある家] 窓枠づくりの様子

koagariのある家、内断熱作業が終わり、まずは内部石膏ボード貼りから。また窓まわりには木枠の加工、取り付けが進んでいます。

 

窓まわりの仕上げ方は2種類。全周に木枠を回す方法と、カウンターのみ、というパターン。箇所々々により仕上げ方を変えています。

 

 

各部屋の窓などは全周に木枠を回す方法。このように木枠にしゃくりをいれ、この上からさらにケーシングという枠を回して仕上げます。大工さんの手作業が多い部分ですが、手間がかかる分、綺麗に仕上がります。

 

 

 

階段ホールの窓。こちらは下のみカウンター、タイプで仕上げています。下のカウンターに色が入り、3方向は塗り壁により仕上がります。壁の奥行きが出て、ニッチのような雰囲気になります。

 

さて間もなく床材が到着する頃。床はパイン材ですので、一枚々々貼っていく作業へと続きます。

 

20190607