ポストはまた蘇る~18年前に作ったポストのこと。

こちらは木で出来たポスト。今から18年前、会社としても2棟目のTさん宅で使われていたポストです。当時建築で使用していた材料で私が製作し、差し上げたポストを今でもお使い頂いておられました。

 

外壁リフォームの際に、このポストも修繕してさらに使いたい、とのリクエスト。もし再度製作すると、もう少しコンパクトに作ると思いますが、Tさんのご希望は、できるだけ同じサイズで綺麗にしていただければ、とのお話でした。

 

 

まずは全て解体。当時の技術と道具で作ったポスト。懐かしいやら、よくぞ作ったなと思えるような設え。たかがポストですが、18年前の自分に会えたような感覚があります。

 

 

18年前には無かった道具の登場。これは板の厚みを調整できる機械です。板も風雨にさらされて、反りがありましたので、全て平らに加工しました。

 

 

一枚々々機械に通し、このように木くずのじゅうたんが出来ました。板はまた新しい表面になりました。内部も腐っておらず、まだまた使えそうです。

 

 

この機会に屋根の板は全て交換。オリジナルは板に塗装していただけですが、今回はアスファルトシートを張り、より雨仕舞を改良しました。

 

 

スカンジナビアンレッドに塗装し、窓など白でペイントし、金物を取り付け完成です。金物などもあえて交換せず、そのまま再利用しました。

 

また新たな命が吹き込まれたポストです。このご縁に感謝。

 

20200725 仙台発イチゴイチエの家づくり