[油絵が時をつなぐ家] 雨どいの色、大事です。

油絵が時をつなぐ家 いよいよ明日は足場解体です。約2か月弱お世話になりました。会社の看板前につくし発見。この急ぎ足で通過する春に後れをとらないように、と、顔を天に向けています。

 

 

足場がある最後の作業が雨どい取り付けです。今回は初めて使用する色、グリーンです。かつては樹脂でグリーンがありましたが、現在は鋼板メーカーのみの色です。そのことで、屋根と同じく金属で出来ています。

 

 

外観のポイントとして、グリーンの屋根だけではなく、破風や雨どいもグリーン。実際についてみると、とても綺麗に見える色でした。

 

 

樹脂の場合ハサミを使いますが、金属の場合専用のカッターでカットします。金属粉がつくため、雨の日は施工できないそうです。

 

 

屋根のからむ部分が同系色となると、こんなにも気持ちよく見えるのだ、と、また勉強になりました。

 

20210407