[大家族に乾杯!の家] 外断熱の様子

大家族に乾杯!の家、外断熱作業の様子です。室内側には断熱材が吹き込まれていますが、外側にもグラスウールで断熱することで、「内側&外側断熱」が完成します。8月1週目の作業でしたが、連日暑かった。中で作業している大工さんは、暑くても外から熱が伝わりにくくなることで、その恩恵を受けますが、その覆いをつくる外断熱作業は大変です。日陰と日なたでは、こうも温度が違うのか、と体感できます。

 

 

外断熱材は1.82m長×41㎝巾、軽いものなので、このように足場に立てかけて、必要な場所に配置します。多少の雨でも水は含みませんが、雨模様が無い日は断熱詰めに集中できるので効率が良いですが、ここまで暑いと、休憩も頻繁に欲しくなります。

 

 

大家族に乾杯!の家は、屋根の形が四角いので、比較的三角にカットする場所が少ないのですが、窓まわりなど細かい部分は寸法を測り、カットしながら断熱を詰めます。断熱材は一梱包10枚入り、今回は約300枚入ることになります。

 

20210813