[大家族に乾杯!の家] 内部塗装が始まりました。

大家族に乾杯!の家づくり、2か月半お世話になった大工さんの作業が終わると、引き続き塗装工事へと進んでいきます。まずは木部塗装。窓枠や巾木など “線もの” から始まり、扉などの面へと続いていきます。小田塗装さんによる作業。

 

 

今回は床の色に近い墨灰色、内装仕上げに使う木材は、くるいを少なくするためにしっかりと乾燥されたものを使用します。そのために、例えるなら、喉からからの木に、天然油(栄養分)たっぷりの塗料が塗られると、歓びのあまりなのか活き活きとした艶が出ます。

 

塗料はオスモ・ワンコートオンリーという一回塗り用の自然塗料。ただし原液では濃いので、それぞれの邸に合わせてブレンドし、使用しています。

 

 

ここはネコしか通れない、1階と2階とをつなぐネコミチ。大工さんもあの手この手を駆使し、納めてもらいました。このネコミチもやがて周りとなじむように墨灰色に塗られます。

 

20210901