燈瓦と白壁の家

Iさんと最初にお会いした際に、特に内装のイメージをはっきりと持たれている印象がありました。仕事の関係で、交通の便の良いところ、という条件のもと、情報収集をもとに、ようやく現在の地に決まりました。

仙台市泉区南光台の家

 

Iさんのご希望をうけて、ファーストプランでは玄関が道路に面するように南西方向に配置。しかしながらその場所は、この土地にとって最も日当たりのよい場所。玄関までのアプローチは少々長くなっても、日当たりを考え、リビングダイニングが最も良い場所に、というご希望を受け、現在のプランへとまとまっていきました。

 

与えられたものを受け入れるのではなく、これから永く住む「我が家」を真剣に考えておられた結果がプランに反映され、注文住宅らしい間取りとなりました。

 

外観はスイス漆喰による塗り壁、屋根はIさんのこだわり、3色の洋瓦をミックスさせ、濃淡のある屋根の表情を実現しました。

 

家づくりの経緯がわかるblogはこちらから

 

玄関を入ると右手に土間収納室があります。内部を隠すためにティーグリーン色のスイングドアがついています。

 

廊下の一角には、使い勝手の良い位置に造作手洗いがあります。琉球ガラスの青く澄んだガラスに白いクラッシュタイル

 

リビングダイニングの様子、曲線のある下がり壁は、Iさんがお持ちになった、参考となる写真からインスピレーションして実現しました。塗り壁により生まれたここだけの曲線です。キッチンの前には扉付き(一部オープン)の収納棚があります。床はパインのオリジナルカラー、木部はグラファイトというグレー&ブラウンのカラーで仕上げました。

 

壁に取り付けられているステンドグラスはIさんセレクト、完成前に組み込みました。

 

リビングの前には土間テラスがあります。約半分は二階ベランダの軒下になっています。土間の中には蛇口があり、プール遊びが出来ます。土間はカラークリートにより土色に着色

 

一階トイレの様子、キッチンと同じくティーグリーン色の腰壁

 

キッチンの様子、ポプラの框戸をJカラー・ティーグリーン色で仕上げ。立ち上がりは2.5㎝角の天然石貼り

 

二階階段ホールの様子、壁厚を利用して本棚を造作。二階は床や建具など、パインのクリア自然塗装仕上げ

 

二階洋室の様子、正面のみ桃色の塗り壁、屋根勾配なりの勾配天井があります。

 

一階廊下から自由曲線の下がり壁を望む。Iさんのアイデアから生まれた下がり壁が、コンセプトデザイン「1/Rのくらし」のベースになりました。適当な曲線ほど、実はつくることは難しいのですが、完成の折には塗り壁らしいポイントになります。そのことを改めて発見させて頂いた作業でした。

 

(2016年12月完成)

 

 

 

 

 

 

 

 

MENU