この風景の正体?招待

秋晴れのどこまでも続く稜線と、雲一つない快晴。足元にはアンジュレーションのある牧草の風景。仙台から1時間、車を走らせるとこのような風景に出会えます。

 

この場所は、南蔵王、遠刈田の街を通り過ぎた、北原尾という集落です。蔵王の麓も、まもなく紅葉の見ごろ

山を越えるエコーラインは、早くも冬季通行止めになりました。絵葉書の一コマのような風景が、北原尾には広がっています。

 

2017年11月6日