大きな心柱のある家

家の中心に大きな心柱のある、仙台市泉区将監の家。一階はファミリースペースとお母さん(Kさん)の部屋。二階は若世帯(Fさん)の空間という二世帯の家です。キッチンから続くダイニングスペースは、ご家族みんなが集まる場所となっています。

 

ダイニングの角度を変えると、心柱が見えてきます。こちらの柱はお客様と木材業者さんに行き、直接探してきました。建て方の途中に、滑車とチェーンで、人手で立てました。

 

玄関の正面には、明かり窓と飾り棚。正面のみ、オレンジ色の塗り壁にしました。

 

飾り棚に向かって左側に小さなニッチ。この照明は廊下灯の一部にもなっています。

 

東側に大きな明かり窓のあるキッチン。ブラックチェリーの扉で統一しています。

 

2階にあがると各部屋につながるホール、化粧柱や梁により木に包まれます。

 

扉はツガ材、褐色を出すために柿渋を塗りました。造作カウンターにおいてある階段はベランダへつづく小間へ上がるためのもの。この場所は心柱の上になります。

 

外観はモスグリーンの切妻屋根のシンプルなデザインですが、内部は遊び心にあふれた家です。

 

(2006年2月完成)

 

【雑誌掲載記事】