グランブルーのフィヨルド

ノルウェー、ソグネフィヨルドに続く、ネーロイフィヨルドとアウルフィヨルドを往復する観光船。波も少ないフィヨルドでは、船のエンジンは最低限推進するだけの、静かな船旅です。

 

この船が通る前は、まるで鏡面化した水面に、葉一枚たりとも落ちていなかったのではないかと思わせます。

 

船の推進によって、等間隔の模様が発生、自然のキャンバスに筆が入れられた瞬間です。

 

どこまでも群青なフィヨルドは怖さえ覚えます。泳ごうとは決して思えない、深い深いグランブルーです。

 

2017年11月30日