北仙台の丘陵地に建つ二世帯住宅の家

2012年に完成した「新田の家」のFさんとご親戚であることから、ご紹介を通じでの家づくりでした。お会いした段階では、既存の住まいは無く、更地の状態でした。ここに二世帯の家を建てたいというのがご希望でした。仙台市青葉区あけぼの町の家

 

道路も決して広いとは言えず、その道路との高低差のある敷地を既に所有されており、家をプランし建てるには難しい土地、というのが敷地への第一印象でした。U&Iさんもここに家を建てるか、あるいは別の土地を新たに購入して家を建てるか悩んでおられましたが、市内にそれ程遠くなく、またバス通りからも少し中に入っているため、不思議と静けさがあります。もともとお住まいである故に、この土地の魅力を理解されているように感じられ、ぜひここに建てられてはいかがですか、とアドバイスし、家づくりがスタートしました。

 

◇家づくりの経緯がわかるblogはこちらから

 

下のバス通りから上がってくると、家の妻壁部分が見えてきます。まるで平屋の様子

 

共通の玄関が二階にあり、玄関や浴室は共用となっている。二階はUさん、室内階段を下がり一階はIさんのスペース。二階Uさんのリビングにはボラス社のバードランド(濃い青)のカーテン

 

屋根にある天窓にてキッチン部分に光が差し込む。

 

ステンレスのキッチンとモダンな紺の扉。扉の淵のみ、ベージュでアクセントをつけています。

 

二階トイレにある深い青色の手洗いボウルは信楽焼

 

キッチンの前にある造作収納。アーチの奥が共用廊下、階段を下がりIさんのスペースへとつながっている。

 

 

階段下にある一階トイレ、その横がサニタリー。可動棚により収納スペースを確保している。

 

廊下からリビングダイニングに続く入口にある、ガラス入りのドア。横にはアクセントとして5個のガラスブロックが並ぶ。

 

一階リビングダイニングの様子、白い塗り壁に映える大きな葉デザインのカーテンは、マリメッコのボットナ

 

一階のキッチンはステンレス天板にエコシラ合板による扉

 

一階洋室からリビングダイニングを望む小さな室内窓。閉めるとプライバシー確保にも役立つ。

 

一階洋室は白い木部塗装、白い塗り壁に、マリメッコの赤いウニッコ柄のカーテン

 

玄関ドアの上にある、数字を加工した照明ロゴ。夕方になると数字が浮き出る仕組みとなっています。

 

(2013年12月完成)