[北欧のくらし] ヘルシンキの駐輪スペース

フィンランドの首都・ヘルシンキの中心市街地はバスや地下鉄よりも、ほぼ時間通りに来る路面電車での移動が容易です。学生も多い街ですので、多少のアップダウンはあるものの、自転車での移動も楽。そして最初に訪れた時よりも年々、市内の駐輪スペースが増えている気がします。

 

車道のサイド、赤いマーキングが施されているゾーンは、自転車道。そしてその脇にはこのような駐輪スペースがあります。彩度の高いピンク色、公共の工作物で、日本ではあまり見かけない色ですが、訪れた10月下旬の曇天の下では、とてもよく映えます。

 

今でも分からないのが、駐輪スペースなのに車の形をしていること。シンプルなデザインは、どこか愛嬌もあり、さりげなさも感じられて、楽しくなる気分になりました。

 

2018年3月26日