[家づくりblog]仙台の街が見える家 屋根工事と外断熱、そしてサッシ入れ

本日より本格的に屋根工事が始まりました。天気は良いものの、時折強い風が吹く日です。仙台市内の桜は散り始めています。屋根上ではどこからか飛んできた桜の花びらが、何度となく舞い降ります。とても風情のある屋根の上でした。

 

 

青空の下、屋根業者(舟山板金工業)さんによるコロニアル葺きの最中です。

 

 

屋根のトップに全ての屋根材が置かれています。この枚数を全て手作業で貼っていきます。

 

 

カットが必要な場合、専用のカッターで寸法どりします。

 

 

軒先には屋根材の間に雪止め金物を取り付けていきます。

 

 

天窓も指定の位置に納まりました。ガラスには雲が反射します。

 

 

室内から見るとこのような様子。見上げて人が見えるのが不思議な感じです。

 

 

この家の最も高いところからの景色。暑くもなく寒くもない、この季節の屋根上は最高です。

 

 

外部では外断熱工事も始まりました。一枚一枚必要寸法にカットし、桟木の間にはめていきます。

 

 

また、サッシの組み込みも行いました。様々な工事を並行に行っていきます。納品されたサッシの寸法と位置の確認、はめ込む場所から二人掛かりで固定します。

 

 

納品時の様子。一人で持てるものからとても重いものまで様々です。本日一番重かったサッシは74kg。4人で取り付けました。

 

 

養生を剥がし、一旦外に送ります。間違って落とすと一貫の終わり。呼吸を合わせて送ります。

 

 

手と足場の板を利用し、慎重に桟木の枠にはめ込みます。

 

 

 

この後、ビスにて桟木にサッシを固定します。内部では同時に内側から固定します。外からは正面側に、内からは横向きにビスを打つことにより、様々な力がかかっても、サッシが外れないようになっています。

 

 

窓により景色が切り取られました。壁や屋根により囲われ、窓により景色がより際立つ。室内から外を見る様子が日に日に変化していく工程です。

 

(2018年4月13日)