[家づくりblog]仙台の街が見える家 内部断熱工事

本日は内部断熱工事の日です。内部では朝から養生し、断熱作業真っただ中。夕方まで断熱業者さん以外、作業は出来ません。現場発泡の断熱材を必要厚、吹いているところです。

 

外部ではドラム缶に入った液体(主液と硬化液)を、職人さんのガンまでそれぞれ独立したホースで送られ、手元にて初めて2液が合わさり、空気により発泡、硬化する仕組みです。そのためホースの中で固まることがありません。

 

吹き終わった様子。本日は気温も高かったので、発泡・硬化も早く、断熱作業日和でした。

 

柱より表面に膨らんだ断熱材は、専用ナイフでカットし完成です。内断熱と外断熱が整いました。これからの暑い日、作業中であっても室内は少しひんやりします。

 

2018年4月21日