[北欧のくらし] ヘルシンキにあるロックチャーチ#岩の教会

フィンランドも含め北欧は硬い岩盤の上に国があります。そのために地震が少なく地盤も安定している反面、森にある木々の成長としては不利。成長が遅いことで目が詰まった良い木が採れる国、とも言えます。

 

ヘルシンキの街中に突如として現れるドーム型の建物。これは、テンペリアウキオ教会、通称、ロックチャーチ、岩の教会、です。1969年に完成したこの教会は、岩盤を10m掘り下げて造られました。まさにこの地ならではの構造です。

 

 

 

 

エントランスは正面一カ所、薄暗い空間を抜けるとエントランスがあります。そしてこの空間の天井が低く、この先の空間の広がりを助長している、大事な「暗さ&低さ」を備えたエントランスになっています。

 

 

その先に広がる教会内部。岩とガラス、天井は銅で葺かれた大きな円形の屋根。天井を見あげると宇宙の中にいるような不思議な感覚に包まれます。シンプルなアースカラーの中に、紫色の椅子がとても映えます。

 

 

花崗岩の壁面には石を割ったあともあり、つい触ってみたくなる石肌です。ここは教会としての役目だけではなく音楽イベントにも活用されている模様。とても音響のよい空間で、スピーカーから流れる音楽を聴いているだけで、時が経つのを忘れてしまいます。

 

20200405