PH5真ちゅうバージョンの照明が届く(前編)

あれ?誰かおじさんがこっちを見てる。。。

 

 

カメラをひくと、ルイスポールセンの照明の箱でした。本日Wさんからご注文いただいたルイスポールセンのPH5ランプが住文舎に到着。おじさん、ではなく、この照明をデザインしたホールヘニングセンというデザイナーでした。

 

 

パッケージが少し違っていて、今回はシェードの一枚が真ちゅうになっています。真ちゅうモデルは、ポールヘニングセン生誕125周年で2019年発表になったもの。素材を表したモデル(銅と真ちゅう)は経年変化を楽しむことが出来るのが特徴です。

 

 

標準品よりも一枚多い梱包。ピカピカの真ちゅうが現れました。住文舎についているペンダント、スノーボールがちょうどいい位置に写りました。snowball in ph5! 感動の出会いです。

 

取り付けた様子は後日。

 

20201031 仙台発イチゴイチエの家づくり