[油絵が時をつなぐ家] 家全体がねずみ色になる外壁作業

油絵が時をつなぐ家、外断熱の作業が終わると、続いて外壁作業です。今回は仕上げとしてスイス漆喰が塗られますので、塗り壁との相性のよい外壁材を貼ります。

 

この材料は、ファイバーメッシュが入ったセメントボード。地震などによるゆがみによる大きなクラックが入りにくい素材になっています。

 

色はセメントを原料にしているため、このような味気ないねずみ色。仕上げられると一気に花が咲きます。

 

 

専用の鋸刃をつけ、一枚々々カットし、運び、そしてビス止め。約80枚ほどのこの山がなくなる頃には、外壁工事が終了となります。

 

20210318