voice 2 注文住宅のこだわり

 

建物完成による立ち合いが終わり~

 

【出会いのストーリーと、土地・ハウスメーカー選びについて】

Q:
Aさんと初めてお問合せいただいたのが、2012年春だったと記憶しております。その後、2012年5月に行われた「新田の家」構造見学会にお越しいただきました。それから4年経過し、この度完成を迎えました。おめでとうございます。

 

A:
家づくりを考えていたことから数えると、震災年(2011年)前からです。震災後、土地も高くなり、なかなか希望の土地が見つからず、 転勤も重なり、家づくりを決めかねていました。

 

最初は(妻の)実家が近く、小・中学校からも近い場所を探していましたが、なかなか見つかりませんでした。土地を優先し建売住宅も検討しました。実際に見たものもありましたが、近隣の環境から問題があると思い、見送りました。その後、時間が経つうちに「やはり注文住宅が良いな」と考えるようになりました。

 

 

【建売住宅と注文住宅の違いについて】

Q:
建売住宅と注文住宅の違いをもう少しお聞かせいただけますか。

A:
建売住宅を見たり、調べてみましたが、どこの建売住宅も仕上げや間取りが同じようでつまらない、と感じました。仕上げという点では、転勤先で住むアパートと変わらないような建具、床やクロス。そう考えると自宅の床は「木」にしたいと思っていました。

 

 

また建売住宅は工事中を見ないので、施工、とりわけ(北国の出身から)断熱の不安を感じました。見えないところがどうなっているのか、と。一方、注文住宅は、自分達にとって使い勝手の良い家がつくれる。そう考え最終的に「注文住宅」を選択しました。

 

Q:
Aさんの工事途中で弊社の社名変更となり、随分とご不安を感じられたのではないかと思いました。

 

A:
断熱を重視し、選びましたので、その点が変わらないことは良かったです。施工中、天井上の断熱で分からないことがあり、点検口からの写真を見せて頂き、納得できました。

 

 

【プランづくりについて】

Q:
打ち合わせを受けて、ファーストプランと最終プランを比較すると、あまり変わりませんでしたが、 明確な希望がお持ちだったのでしょうか。

 

A:
はい。希望がはっきりしていたので打合せに入ってからはとても早く進みました。また今住んでいる場所が遠距離だったこともあり、打合せも難しく、それが却って良かったのかもしれませんね。打ち合わせは事前に確認することなどまとめてましたので、毎回集中できました。

 

A:
現在の土地を最初に見たのが、11月の午後でした。日当たりが悪そうで少々不安でしたが、今日完成を受けて、あらためて見てみると、二階からの眺望も良く、明るそうで安心しました。

 

 

【外観について】

Q:
今回の外壁色は弊社事務所と同じく、スカンジナビアンレッドですね。

 

A:
最初に我が家の外壁を見たとき、「赤過ぎたか!」と驚きましたが、見慣れたこともあり、良い色と思います。また実際は家の中に住むこともあり、赤色というよりは、室内の色の方が印象的でした。

 

 

【ご自慢のポイントについて】

Q:
本日、完成建物をご確認いただき、印象的だった「ご自慢のポイント」をお聞かせください。

 

A:
二階の青いトイレ。少し冒険でしたけど綺麗に仕上がってました。そして、リビングの障子。紙、ではなくワーロン紙なので「和」過ぎず、柔らかい光が入り、とても良かったです。

 

ありがとうございました。

2016年6月18日 完成立ち合いの後、川平事務所にて