[油絵が時をつなぐ家] 内部断熱の様子

油絵が時をつなぐ家 今日は内部断熱工事の日です。今日だけは他の業者さんは入らず、専門作業の日となります。

 

 

トラックの中には全ての材料が積まれています。ドラム缶の中には液体状の断熱材、発電機、コンプレッサーなど。ここからホースにより2つの液体(主剤と硬化剤)が送られます。

 

 

2つの液体がガンの先で混ざり、壁に当たり空気を含みながら発泡します。必要最小厚を確保しながら、さらに壁の場合は多く吹いても、その分削り取る部分も多くなることから、膨らみの状態を確認しながら何回かに分けて吹いていきます。

 

 

硬化スピードは速く、固まった場所から大きなナイフでカットし、仕上げます。ふわっふわの断熱材の完成です。

 

20210302