[そら景色が広がる家] オーダーキッチンの組み立て

そら景色が広がる家、北海道産のエコシラ合板を加工し、扉などを製作します。まずは北海道から合板が到着。この合板はシラカバの木をかつら剥きにし、貼り合わせた化粧合板です。表裏や木目を確認し、まずは住文舎でオスモカラーでクリア塗装し下塗りします。

 

その後乾燥させ、山形の南陽にこの板(6枚)を送ります。南陽では家具工場で、キャビネットや扉を加工、組み立て。北海道の板は、仙台を経由し、山形へ、また仙台に戻ってくる、という長旅によりキッチンが出来上がります。

 

 

大きなトラックにより現地へ運ばれてきました。キッチンは2階なので、まずは手分けして材料を上階に上げていきます。

 

 

キッチンはオーダーキッチンのホルツさんによるプランニングと組み立て。エコシラ合板は住文舎から手配・支給、と、それぞれの役割分担でオーダーキッチンが出来上がります。

 

 

キッチン組み立てが完成しました。この後はキズが付かないように養生。扉はあらためて時期を見てクリア塗装で仕上げます。

 

20210801