[家づくりblog]仙台の街が見える家 整地作業

仙台の街が見える家、基礎工事を始める前に、この場所が駐車場だったこともあり、準備作業が必要でした。大川工業さんにより、天気の合間を縫って、重機によりアスファルトを剥がしています。ベテランのオペレーターの手にかかると、いとも簡単に剥がれます。隣のダンプに積み込み、帰りの便で山砂を持ってくる工程です。

 

ここは完成時庭になる場所。基礎が出来上がってからでは、山砂を入れるのも一苦労。そのために先行して山砂を運んで整地しています。藤崎さんにより仕上がりレベルをチェックしながら、手作業にて整地作業が行われています。

 

2018年3月7日