薪割り~来るべき冬支度

10月も下旬になると、仙台でもそろそろ寒くなりますが、今日は気温20度程、台風が来たりと、今年はまだまだ秋すら感じにくい季節です。

 

しかし、冬は必ず来ますし、事務所の薪ストーブも燃料となる薪がないことには、ただの飾り物。今日は近所の薪ストーブ屋さんから、エンジンの薪割り機をレンタルし、1~2か月分の薪を準備しました。丸太は昨年9月の台風で倒木したケヤキ。昨年は生木でしたので薪には適さず、1年間、適当に置いておいたものを、今年は薪にしました。

 

スイッチひとつで温まる時代。ヒトが生きていくためには如何にエネルギーを使うか。ほんの少しですが体感する労務です。

 

20191024